ひとりじゃ出来ないことを、
一人から始める。

私は国際ボランティア団体職員として、人道支援の最前線を歩き続けてきました。そして、「難民を助けることはできても、難民をなくすことはできない。難民、貧困、戦争の根本原因をなくす仕事がしたい」と考えるようになり、政治の道を志しました。
ひとりじゃ出来ないことを、一人から始める。との政治信条を胸に、「平和をつくる。人間を守る。」そして、「若者の明日をつくる。子どもの未来を守る。」ために、これからも全力で働いてまいります。

参議院議員 谷合正明
谷あい正明
プロフィール
生い立ちからこれまでの経歴
政策・ビジョン
谷あい正明が考える政策や理念
活動記録
これまでの活動アーカイブ
RT @doukuman: とても興味のある内容で、一気読みしました。昨年の、シリア難民のいるヨルダン訪問と、入ることを許可されたことが、奇跡的なガザ地区訪問。また、AMDAでの経験など。難しい印象のある難民問題ですが、とてもわかりやすく本当におすすめです! https://t…
04 May 2016
ガザ地区訪問のルポ、京都大学などでの講義、鎌田實さんとの対談、若者自殺対策など国内政策との関わりなどをまとめました。難民問題を一から分かりやすく書いたつもりです。ご感想など寄せて頂ければ、筆者として幸いです。 https://t.co/3WmbwNXpLn
04 May 2016
拙著「人道の国・日本を目指して - 難民に寄り添い17年」(第三文明社)を出版。岡山市のオサダ文昭堂さんでは特設コーナーも用意していただいたので、ご紹介します。 https://t.co/n8liGC8k5A
04 May 2016
後楽園近くで、憲法記念日の街頭演説とドライバーの皆様にあいさつ。一人で立っていましたが、車から多くの方に手を振っての声援を頂き、ありがとうございました! https://t.co/4KSV4EnEyX
03 May 2016
国直轄による緊急事業の砂防堰堤が、梅雨時期前に25基中23基、完成します。住民の皆様20名近くとも懇談し、数々のご要望を頂きました。外見上、ハードの復旧は進んでいますが、被災者にとって、被害は現在進行形であることを痛感しました。
02 May 2016
国会質問が終わって、広島市安佐南区の土砂災害(2014.8.20、死者76名)の復旧現場を視察しました。 https://t.co/nEqJdTO6k1
02 May 2016
また、岡山県総社市や登山家の野口健さんから伺った要望として、登山用テントを応急的な避難施設として活用することがあります。テントが災害救助法の適用になることを確認、現在、将来と活用を検討していくとのこと。 https://t.co/o9YxHBKBw1
02 May 2016
参院災害対策特別委員会で、熊本地震について政府に質問。答弁で、熊本県に届いている義援金は約25億。今日、熊本県の義援金分配委員会が開催されました。今後、義援金が速やかにゆきわたることが望まれます。 https://t.co/c8FI17WoEm
02 May 2016
ゴールデンウイーク2日目は、香川県内で街頭演説。好天のもと、観音寺市、三豊市、善通寺市、丸亀市、宇多津町、坂出市、高松市で10ヶ所行いました。多くの皆様に、応援に駆け付けていただき、ありがとうございました! https://t.co/92cNJyY38F
30 April 2016
今日は1日フル回転でした!岡山、倉敷、早島、吉備中央町、総社と駆け回りました。時局講演会、知事や市長の集い、街頭演説…たくさんの皆様に支えて頂き、ありがとうございました! https://t.co/STgtfBcvl0
29 April 2016
最新トピックス

活動記録やお知らせの中から最新のものをピックアップ

人道の国・日本を目指して: 難民に寄り添い17年

 

世界で6000万人超。
過去最悪の事態となっている難民問題に、日本はどう向き合うべきか。
『人道の国・日本を目指して: 難民に寄り添い17年』
 谷合正明 (著) 定価1300円+税  4月20日発売 

谷あい正明のメルマガ
谷あい正明がお届けするメールマガジンです。世界の目線、生活者の目線で、政治を語ります。