2015年08月28日のつぶやき

10:12
【メルマガ】地方版「政労使会議」の実現に向けて http://t.co/sjRsqPWH8u #jugem_blog
03:00 | ツイッター | - | -

【メルマガ】地方版「政労使会議」の実現に向けて

【No.177 2015年8月27日】

メールマガジンで配信した記事を転載します。

《 地方版「政労使会議」の実現に向けて 》

皆さん、こんにちは。谷合正明です。

8月10日の参院予算委員会で、私から総理に地方版「政労使会議」の設置を求めたところ、総理から「大変いいアイデア」「検討する」との答弁を得ましたので、ご報告いたします。

来年以降、各県で設置できるよう、地方議会と連携しながら取り組んでまいります。総理との質疑の主なやり取りは以下の通りです。

(谷合正明)
今後の課題は景気回復を地方へと波及していくこと。地方創生では、特に若い世代の働く場を確保していくことが求められております。

その際、不本意な非正規雇用による低賃金、あるいは過長な長時間労働などの厳しい現況に置かれている若者の処遇改善が重要であります。地方においても働き方改革、中小企業の生産性向上を進めていくことが必要だと思っております

公明党青年委員会では、地方版政労使会議の設置を提案しました。政労使会議は、2013年にデフレ脱却と経済再生に向けて、政府首脳と経済閣僚、経済界、労働界代表が賃金や雇用情勢の好転の方策を話し合うためにできた会議体です。

公明党の提案は、この政労使会議を中央だけでなく、地方における賃金上昇や若者の処遇改善に向けた取組を進めようとするものであります。

若者の働き方改革について、地方創生やワーク・ライフ・バランスなどの視点も踏まえながら、各地域で自治体や労使も交えて話し合う場の設置を促していくことが重要だと考えますが、総理の御見解をお伺いします。

(安倍内閣総理大臣)
各地域で地域版(政労使会議)をつくるとの提案は、大変いいアイデアだと思います。

地域において長時間労働の是正や多様で柔軟な働き方や、あるいはまた生産性の向上等々について話し合っていくことは大変有意義であろうと思います。

都道府県労働局に働き方改革推進本部を設置し、地方公共団体や労使団体と連携しながら、地域のリーディングカンパニーへの働きかけや、働き方の見直しに向けた機運の醸成に取り組んでいるところであります。

各地域の特性を生かして、仕事と生活の調和を図りつつ、魅力ある雇用機会を創出していくため、働き方改革の取組を一層強化することが必要であると思います。

その一環として、都道府県において、地域ぐるみで働き方改革を推進するため、労使を始めとする地域の関係者が集まる会議を設置していくことについて検討を進めてまいりたいと思います。

(谷あい)
10:12 | メルマガ | - | -

2015年08月27日のつぶやき

18:06
朝一の便で上京。雲海がとてもきれいだったのでiPhoneで撮りました。環境委員会では、議案提出者の一人として携わった瀬戸内海環境保全特措法が全会一致で成立しました。
03:00 | ツイッター | - | -

2015年08月26日のつぶやき

21:10
本日から広島で開催されている第25回国連軍縮会議へ。レセプションでは軍縮分野で活躍する国内外の方々とお会いしました。国連創設と原爆投下から70年にあたる今年の軍縮会議では、NPT再検討会議に関する成果、核兵器の人道的影響、核兵器... http://t.co/tSrvLnrVvL
03:00 | ツイッター | - | -

2015年08月25日のつぶやき

22:18
今日は9時から6時過ぎまで、平和安全法制質疑。昼に、瀬戸内海再生特措法の改正法案が審議入り。自公民維による議員立法提出者の一人として答弁席に。公害対策中心だった中身から、生物多様性を重視した里海づくりへ。約40年ぶりの改正になります。
03:00 | ツイッター | - | -

公明は政治前進の原動力

谷合正明参院議員が出席した夏季議員研修会の模様が、このたび公明新聞に掲載されましたので、転載します。


公明は政治前進の原動力

 
党大阪、奈良、和歌山の合同夏季議員研修会で今後の内政・外交の重要政策課題などについて見解を述べる山口代表=23日 大阪市

中国方面本部の夏季議員研修会であいさつする山口代表=23日 広島市


地方重視で経済好循環へ
山口代表 若者政策の充実さらに


大阪・奈良・和歌山、中国方面が夏季議員研

公明党の山口那津男代表は23日午後、大阪市内で開かれた党大阪(佐藤茂樹代表=衆院議員)、奈良(岡史朗代表=県議)、和歌山(多田純一代表=県議)の3府県本部合同の夏季議員研修会に北側一雄副代表らと共に出席し、今後の重要政策課題などについて講演した。

山口代表は、安倍晋三首相が発表した戦後70年談話について「おおむね国内外ともに落ち着いた受け止め方だった」と述べた上で、「(政府が関わる中で)近現代史を一定の視点で論じた初めてのものだ」と評価した。一方、一部マスコミなどで主語がないとの批判があることに触れ、「歴代内閣の立場を継承し、将来も揺るぎないと閣議決定したことで、(安倍内閣という)“隠れた主語”が示されている」と指摘。「今回の談話は内閣の考え方を客観化したことに大きな意味があった」と強調した。

また、平和外交を推進する決意を披歴しつつ、「今後の首脳会談などで日中の関係に見通しが付けば、韓国との関係改善も開けてくる」との見解を示した。

さらに経済の好循環、地方創生、女性の活躍、若者・子どもへの支援が今後の重要課題になるとした上で、来夏の参院選から18歳選挙権が導入されることに言及。「長いスパンで社会を見られる世代が政治参加することで民主主義の基盤強化につながる。公明党として若い世代にアピールできる政策を練り上げていきたい」と力説し、「参院選での公明躍進が政治を安定させ、世界の信頼を増すことになる」と訴えた。

北側副代表は平和安全法制関連法案の意義について、「日米防衛協力体制の信頼性を向上させ、紛争を未然に防ぐ抑止力を強化させることが最大の目的」と強調。「日本の平和国家としての歩みは今後も変わらず、憲法の専守防衛の理念も堅持する」と述べた。

また消費税の軽減税率に関し、「9月の中ごろにも制度設計案を発表できる」との見通しを示し、実現に向け全力を挙げる決意を訴えた。

研修会では、今村正・大阪府豊中市議、窪和子・奈良県平群町議、宮本要代・和歌山県岩出市議が活動報告を行った。

山口代表は23日午前には、広島市内で開かれた党中国方面本部の夏季議員研修会に斉藤鉄夫幹事長代行、桝屋敬悟方面本部長(衆院議員)、谷合正明、山本博司の両参院議員と共に出席。

あいさつの中で山口代表は、広島、長崎への原爆投下から70年を迎えたことに触れ、「被爆の実相を厳しく認識し、非人道的な原爆の被害を世界の人にもっと知ってもらう必要がある」と訴えた。

研修会では、議員の日常活動の強化をテーマにグループ討議を行い、平和安全法制や地方創生についても研さん。大本千香子・広島県府中市議と福島孝雄・島根県出雲市議が活動報告した。

22日には、広島市内で党中国方面女性議員研修会が開かれ、古屋範子副代表(女性委員長)が駆け付け、あいさつした。また、党広島県本部は同日、広島市内で「平和創出大会」を開催し、山口代表が出席した。


(公明新聞:2015年8月24日(月)付より転載)
16:19 | 活動記録 | - | -

2015年08月23日のつぶやき

23:07
中国方面夏期議員研修会が開催。平和安全法制について政治学習の担当をしました。メインは日常活動強化の確認。地域実績や町内会での取り組みなど、期数や県を超えて、皆でシェアしました。山口代表出席のもと、明年の参院選に向け、出発しました!
09:35
おはようございます。昨日から中国方面夏期議員研修会のため広島に来ています。昨日は代表メンバーと原爆慰霊碑に献花をしました。今朝は栗原県議、碓氷市議とともに、1年前の土砂災害を受けた県営住宅の慰霊碑へ。住民の皆様と懇談。県営住宅に... http://t.co/A3ohww8DST
03:00 | ツイッター | - | -
| 1/472PAGES | >>

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2015 >>
   

過去の記事