ひとりじゃ出来ないことを、
一人から始める。

私は国際ボランティア団体職員として、人道支援の最前線を歩き続けてきました。そして、「難民を助けることはできても、難民をなくすことはできない。難民、貧困、戦争の根本原因をなくす仕事がしたい」と考えるようになり、政治の道を志しました。
ひとりじゃ出来ないことを、一人から始める。との政治信条を胸に、「平和をつくる。人間を守る。」そして、「若者の明日をつくる。子どもの未来を守る。」ために、これからも全力で働いてまいります。

参議院議員 谷合正明
谷あい正明
プロフィール
生い立ちからこれまでの経歴
政策・ビジョン
谷あい正明が考える政策や理念
活動記録
これまでの活動アーカイブ
RT @HiroyukiSasaoka: #吉田町白浦 の崩落した みかん園地。 #谷合正明 農水副大臣 #山本ひろし 参院議員 #木村誉 県議と共にえひめ南農協 黒田組合長のご案内頂く。 復旧に向けて地元協議始まる。国、県、市と連携し着実な進展を決意‼️ https://…
23 September 2018
7月豪雨で山腹崩壊による被害が甚大であった愛媛県宇和島市吉田町。山本博司参議院議員、愛媛県本部議員と一緒に、みかん園地の復旧状況を視察。農協、森林組合、漁協、大洲・西予・宇和島市の各市長から、復旧の要望を伺いました。みかん園地の復… https://t.co/luoe3cwE8e
22 September 2018
自民党総裁選を受けて地元紙のインタビュー、「経済再生、災害復興を最優先に」と。昨晩、岡山青年会議所のOB・現役合同例会に出席。ブラジル出張を経て、久しぶりに自宅に帰宅。さあ、今日は沖縄です。快晴。県知事選、「さきま淳」逆転勝利に向… https://t.co/ol0Kk2xzJw
21 September 2018
岡山県総社市の片岡市長と加藤議長による、7月豪雨に伴う高梁川の樹木伐採と浚渫の要請。高梁川と小田川の合流地点の付替事業の完成前倒しは、先日発表されたところ。石井国交大臣から、合流地点の上流部(高梁川)の国管理区間において、計画的に… https://t.co/3mOaN5XbvM
20 September 2018
性同一性障害(GID)のホルモン療法の保険適用化に向け、厚労省に要望。手術療法は保険適用化されましたが、ホルモン療法は未適用のまま。現在、GID学会は公知申請の準備中。日本精神神経学会、GID学会、日本性同一性障害・性別違和と共に… https://t.co/OKxLEIxA0w
19 September 2018
本年7月に署名され、早期承認・発効に向けて進む日EU・EPA。欧州議会の国際貿易委員会のメンバーが、その立場を最終的に決定する前に、日本の関係省庁等と協議するために来日しました。農水省では私が担当し、農林水産分野における双方の関心… https://t.co/zvMeOEplhM
19 September 2018
開拓先没者慰霊碑へ。桜とイペーの花が咲く。今年は日本ブラジル移民110周年。今、ブラジルの日系人は190万人に。開拓はコーヒー農園から奥地農業へ。生き残りを賭けた厳しい生活。その後、何世代にも渡り現地に深く根を張り、ブラジルにとっ… https://t.co/2gz21hbiOA
17 September 2018
サンパウロの日系人団体の皆様と懇談。折角なので捕鯨について聞いた。「昔、ブラジルでも鯨を食べた記憶がある。(ブラジルは強い反捕鯨国だが)国民の殆どは、国際捕鯨委員会の議論について関心を持っていない」と。またブラジル岡山県人会は、7… https://t.co/b2pVt461cD
17 September 2018
国際捕鯨委員会(IWC)総会。日本提案のIWC改革案が否決されたことは極めて残念。IWCが科学的根拠、文化的多様性を尊重せず、一切の商業捕鯨を認めず、異なる立場や考え方が共存する可能性すらないのであれば、日本はIWC締約国としての… https://t.co/OorrZY0Rfe
15 September 2018
こちらブラジルは火曜日の朝6時。国際捕鯨委員会(IWC)総会が昨日から始まりました。金曜日まで議論が続きます。IWCの資源管理機関としての本来の役割を回復させるべく、我が国はIWC改革案を提出しました。2日目以降さらなる交渉に臨み… https://t.co/vYP9KPeBTM
11 September 2018

人道の国・日本を目指して: 難民に寄り添い17年

 

世界で6000万人超。
過去最悪の事態となっている難民問題に、日本はどう向き合うべきか。
『人道の国・日本を目指して: 難民に寄り添い17年』
 谷合正明 (著) 定価1300円+税

谷あい正明のメルマガ
谷あい正明がお届けするメールマガジンです。世界の目線、生活者の目線で、政治を語ります。