【No.237 2019年1月12日】 《 お知らせ RSKイブニングニュース(国会報告)に出演します 》 いつもご指導、ご支援本当にありがとうございます。 参議院議員 谷合正明事務所です。 谷合正明が下記のとおり、本日放送のテレビ番組に出演し、国会報告を行いますのでお知らせします。是非ご覧ください。 【日 時】平成31年1月12日(土)午後5時15分〜午後5時30分の間の4分程度 【放送局】RSK山陽放送(岡山県・香川県のエリア) 【番組名】RSKイブニングニュース (谷合事務所)

続きを読む→

【IWC脱退、商業捕鯨再開の決定を支持】 政府は12月25日の閣議でIWCからの脱退と商業捕鯨再開を決定。26日、菅官房長官の記者会見で談話を公表。私自身、本年9月のブラジルでのIWC総会に、農林水産副大臣として出席し、政府を代表して外交交渉にあたってきた。この度の政府の決定を支持する。 【商業捕鯨再開は、政府、国会の共通の目標】 捕鯨に関する政府の基本姿勢は、「鯨類は重要な食糧資源であり、他の海洋生物資源同様に科学的根拠に基づき持続的に利用すべき。また食習慣・食文化・鯨類の利用の多様性は尊重さ

続きを読む→

公明党の谷合正明参院議員は6日、都内で開かれた同性愛や性同一性障がいなど性的少数者(LGBT)への理解を呼び掛けるイベント「東京レインボープライド2018」に出席し、「性の多様性を認め、誰一人取り残さない社会をめざす」と強調した。 谷合氏は、性同一性障がいの治療に関して、性別適合手術の保険適用が4月から始まったと報告し、ホルモン療法の保険適用などに引き続き取り組む考えを示した。 (公明新聞:2018年5月8日(火)付より転載)

続きを読む→

谷合正明農林水産副大臣(公明党)は23日、奈良県桜井市にある県立「なら食と農の魅力創造国際大学校」を視察した。公明党の熊野正士参院議員、県議が同行した。 同校は2016年4月に開校。二つの学科があり、食と農業の相互の観点から実践的な授業を行っている。一行は、農作物の研究や学生が栽培管理を行うビニールハウスをはじめ、プロの料理人が使う厨房機器が完備された調理実習室、併設の宿泊可能なレストランなどを見学した。 視察を終え、谷合副大臣は「生産者と消費者を結び付ける人材育成を応援していきたい」と語ってい

続きを読む→

3月25日、谷合正明農林水産副大臣(公明党)は山口県下関市で、菊川町猟友会(大林正二会長)の活動を視察した。曽田聡県議と前東直樹市議が同行した。 この日、早朝から7時間かけシカやイノシシを捕獲した大林会長らは「ボランティア同然で休日に活動している」と語っていた。猟友会らの奮闘で2013年度1億8000万円だった同市の農業被害額は4000万円減額した。 谷合氏は「鳥獣被害は深刻だ。活動しやすい環境整備を進めたい」と応じていた。 引き続き同市豊田町で新規就農した20~40代の若者と懇談。アスパラ生産

続きを読む→