2019年04月03日 2面 「私は、日本だけでなく、世界中に福島の良さを伝え、福島っていいなと思ってもらえるよう、前向きに頑張りたい」――。福島県伊達市立石田小学校の児童14人からこのほど、浜田昌良復興副大臣(公明党)に作文が届いた。 これは、子どもたちが2月27日に復興庁を訪れた感想や復興に向けた決意をつづったもの。 同庁訪問は、東日本大震災後に石田小を支援している公設国際貢献大学校(岡山県新見市)が企画し、公明党の谷合正明参院議員(同大学校上席研究員)が橋渡しした。 文面には「復興に関われ

続きを読む→

2019年03月28日 1面 過去最大となる一般会計総額101兆4571億円の2019年度予算は27日午後、参院本会議で自民、公明の与党両党などの賛成多数で可決、成立した。 同予算では、10月の消費税率引き上げに伴う景気対策や、全世代型社会保障への転換に向けた制度の拡充、国土強靱化対策などに重点配分。当初段階で初めて100兆円を超えた。税収は62兆4950億円を想定し、新規国債発行額は、18年度当初予算から約1兆円減の32兆6605億円と、9年連続で減額となった。 公明党の主張を大きく反映した同

続きを読む→

2019年03月14日 2面 公明党難民政策プロジェクトチームの谷合正明副座長(参院議員)と岡本三成事務局次長(衆院議員)は12日、東京都渋谷区の独立行政法人国際協力機構(JICA)東京センターで、2017年から日本政府が留学生として受け入れているシリア難民の若者と懇談した。 谷合副座長は、15年に行ったシリア難民キャンプでの現地調査を踏まえ、政府に受け入れを求めてきたと強調し、「事業を推進した者として、日本での学業や生活をさらにサポートしたい」と語った。 留学生らは、内戦が長期化して帰国できな

続きを読む→

2019年03月13日 2面 参院予算委員会は12日、2019年度予算案に関して公述人の意見を聞く中央公聴会を開き、公明党から宮崎勝、高瀬弘美、谷合正明の各氏が質疑に立った。 公明党が推薦した公益財団法人「あすのば」代表理事の小河光治公述人は意見陳述で、2019年度の税制改正に、未婚のひとり親への支援策が盛り込まれたことに言及。婚姻歴の有無によって税負担に格差があるという現状の打開へ、大きく前進したことを高く評価し、「特に公明党の大変厚い支援をいただいた」と強調した。 質疑で宮崎氏は、3?5歳児

続きを読む→

2019年03月09日 2面 平和と教育の交流をさらに――。公明党の山口那津男代表は8日午前、国会内で、日本政府の招へいで来日しているパレスチナ自治区ガザの教員と懇談した。谷合正明、佐々木さやかの両参院議員が同席した。 懇談会で、ガザの教員らは、7日に広島市を訪問した感想を紹介。被爆者の体験を聞き、ガザでも大規模な紛争が相次いだことを思い起こし、「心が痛んだ」と述べた。また、市内の小学校で平和教育の授業を視察し、児童や教員と交流したことに触れ、「今回の経験を生かして、子どもたちの未来を開いていき

続きを読む→