2021年2月6日 2面 公明党の山口那津男代表は5日、参院議員会館で、サンティアゴ・パルド駐日コロンビア大使の表敬を受け、懇談した。谷合正明国際委員長(参院幹事長)、平木大作広報委員長(参院議員)が同席した。 席上、パルド大使は、長年の課題となっている両国間の経済連携協定(EPA)の早期締結に向け、「友好的で実りのある合意に至りたい」と力説。山口代表は、新型コロナウイルスの感染拡大で経済が打撃を受けていることから、「経済回復に役立ち、2050年カーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)実

続きを読む→

2021年2月5日 2面 公明党の斉藤鉄夫副代表と谷合正明参院幹事長は3日、国土交通省で赤羽一嘉国交相(公明党)と会い、広島市安佐北区で整備中の国道54号「可部バイパス」の早期整備を求める党広島県本部(代表=田川寿一県議)の要望書を手渡した。 斉藤副代表は、同バイパスの開通済みの区間から合流する道路の交差点について「朝晩、大変な渋滞が起きている」と説明し、未整備区間の早期整備を求めた。赤羽国交相は「来年度から現地測量に着手し、整備を加速させる」と応じた。 このほか、斉藤副代表は、西日本豪雨からの

続きを読む→

2021年2月4日 1面 公明党の斉藤鉄夫副代表は3日、国土交通省で赤羽一嘉国交相(公明党)と会い、広島市安佐南区山本地区の「祇園団地」における土砂災害対策を強化するため、大雨で流れる土砂をせき止める「砂防ダム」を、同団地の裏山に整備するよう求める地域住民の要望書を手渡した。赤羽国交相は「すぐに対応する」と述べ、整備を進める意向を表明した。 席上、斉藤副代表は、77人が亡くなった2014年の広島土砂災害に言及。「(同団地内に)土石流により大量の土砂が流入した。その後も大雨のたびに泥水が流入してい

続きを読む→

2021年1月30日 6面 公明党の谷合正明参院議員はこのほど、高知市農業協同組合(宮脇眞道組合長)の三里園芸部と長浜園芸部を訪れ、グロリオサやユリなどをハウス栽培する花卉の生産現場と出荷状況を視察し、課題について関係者と意見交換した。西森雅和高知県議、高木妙高知市議が同行した。 同組合の三里園芸部花卉部会は、約20ヘクタールのハウスで年間300万本のグロリオサを生産し、全国一の生産量を誇る高知県の中でも90%のシェアを占める。完全共同選花共同販売体制を整備した出荷場から国内外に出荷しており、2

続きを読む→

2021年1月30日 1面 公明党の山口那津男代表らは29日、東京都新宿区を訪れ、ネットカフェで寝泊まりする人らに対して生活や居住、就労支援などを行う都の「TOKYOチャレンジネット」事業の担当者と会い、2回目の緊急事態宣言後の生活困窮者への支援状況や課題について意見交換した。山口代表は、実態をつかみ現場に届く支援に取り組むと力説した。 都は、昨年の緊急事態宣言でネットカフェが休業要請の対象となったことを受け、同事業を拡充し、住居を失った人に対する一時宿泊施設の提供を開始。都議会公明党の要望も踏

続きを読む→