2021年4月18日 2面 公明党の山口那津男代表は16日午後、東京都新宿区の公明会館で、新任のジュリア・ロングボトム駐日英国大使の表敬を受け、和やかに懇談した。谷合正明国際委員長(参院幹事長)、岡本三成国際委員長代理(衆院議員)が同席した。 冒頭、山口代表は、エリザベス女王の夫フィリップ殿下の逝去に対し哀悼の意を表するとともに、「女性初となる駐日英国大使の就任を心から歓迎し、今後の活躍を期待している」と語った。ロングボトム大使は「日本は重要なパートナー国であり、全力を尽くして両国関係のために貢

続きを読む→

【No.264 2021年4月12日】 ≪2050年脱炭素社会実現に向けて 提言の申し入れ≫ 皆さん、こんにちは。谷合正明です。 4月5日に公明党地球温暖化対策推進本部として、総合本部長の山口代表、本部長の石井幹事長と共に、世界最大級の水素製造拠点「福島水素エネルギー研究フィールド」(福島県浪江町)を訪問しました。脱炭素社会実現のカギを握るのが水素です。   翌6日には、2050年脱炭素社会実現に向けた中間提言を菅義偉総理大臣と気候変動担当の小泉進次郎大臣に申し入れました。私は推進本部

続きを読む→

2021年4月10日 2面 参院は9日、国会内で山東昭子議長と各会派の代表者による懇談会を開き、参院選の「1票の格差」是正策などを議論する「参院改革協議会」の設置で正式に合意した。公明党から西田実仁参院会長、谷合正明参院幹事長が出席した。 懇談会後、山東参院議長は記者団に「1票の格差の是正は国民の関心が高く、何らかの答えを出さなければならない」と述べた。 最高裁は昨年11月、1票の格差が最大3・00倍だった2019年参院選を巡り合憲と判断する一方、格差是正に向けた国会の取り組みについて、「大きな

続きを読む→

谷合正明議員が4月6日、党地球温暖化対策推進本部 事務局長として菅総理に中間提言を行いました。 以下、提言の内容を転載します。 ——————– 2021年4月6日 内閣総理大臣 菅 義偉 殿 公明党 地球温暖化対策推進本部 本 部 長 石井 啓一 事務局長 谷合 正明 2050 年脱炭素社会、カーボンニュートラルの実現に向けた中間提言 近年、気候変動による自然災害が激甚化・頻発化している。今後も自然 災害の更なる

続きを読む→

2021年4月6日 1面 公明党の山口那津男代表は5日、脱炭素社会の実現に向け、次世代エネルギーとして活用が期待される水素の普及促進を図るため、太陽光発電を活用した世界最大級となる水素製造装置を備えた製造拠点「福島水素エネルギー研究フィールド」(福島県浪江町)を視察し、現状の取り組みについて担当者から説明を受け、意見を交わした。党地球温暖化対策推進本部長の石井啓一幹事長、副本部長の若松謙維参院議員、事務局長の谷合正明参院幹事長のほか、地元県議らが同行した。 ■「50年脱炭素」実現へ導入拡大を 同

続きを読む→