2021年7月8日 2面 2018年7月の西日本豪雨から3年。公明党の谷合正明参院幹事長は7日、甚大な浸水被害に見舞われた岡山県倉敷市真備町地区の市真備支所を訪れ、犠牲者を追悼し献花した。山田総一郎、吉田徹両県議と市議、町議が同行した。 同地区は激しく降り続いた大雨により、小田川(高梁川水系1級河川)とその支流である末政川、真谷川、高間川の堤防が決壊。面積の約4分の1に当たる約1200ヘクタールが浸水し、51人が犠牲になった。倉敷市では641人(6月末現在)が仮設住宅での生活を余儀なくされている

続きを読む→

2021年6月17日 2面 第204通常国会が16日に閉幕したことを受け、公明党の山口那津男代表、石井啓一幹事長は同日、国会内の衆参両院の公明党控室で菅義偉首相の表敬を受けた。 菅首相は、通常国会での公明党の協力に対し、「ありがとうございました」と謝意を述べ、山口代表らと肘タッチを交わした。 井上義久、斉藤鉄夫、北側一雄、石田祝稔、古屋範子の各副代表、竹内譲政務調査会長、太田昭宏全国議員団会議議長、高木陽介国会対策委員長、西田実仁参院会長、山本香苗参院副会長、谷合正明参院幹事長、秋野公造参院国対

続きを読む→

2021年6月12日 2面 参院各会派で構成する改革協議会(座長=世耕弘成自民党参院幹事長)が11日、国会内で開かれ、参院選挙区の「1票の格差」是正に向けた選挙制度改革を検討項目にすることを確認した。 席上、公明党の谷合正明参院幹事長は、選挙制度などの参院改革について、1年後の参院選を見据えて積極的に議論を重ね、成果を残す必要性を強調した。 一方、選挙制度以外の検討項目については、世耕座長が近く案を示すことになった。世耕座長は、前回会合で各会派からオンライン審議・投票の実施や、調査会・特別委員会

続きを読む→

2021年6月9日 2面 公明党の山口那津男代表は8日、参院議員会館でジョージアのティムラズ・レジャバ駐日臨時代理大使の表敬を受け、懇談した。谷合正明国際委員長(参院幹事長)、浜地雅一国際局長(衆院議員)が同席した。 レジャバ氏は、同国が消費電力の約8割を再生可能エネルギーで賄っていることを紹介。日本企業の投資促進など「脱炭素社会への取り組みで連携強化をお願いしたい」と語った。 山口代表は、今年1月に両国間で「投資協定」と「租税条約」が署名されたことに触れ、「経済交流を活発に進め、エネルギー分野

続きを読む→

2021年6月8日 2面 公明党の谷合正明幹事長代理(参院幹事長)は6日、東京都墨田区で開かれたフォーラムに加藤まさゆき都議(都議選予定候補=同区)と共に出席し、都議選勝利に向けて力強い支援を呼び掛けた。 谷合氏は、私立高校の授業料実質無償化など、都が全国に先駆けて実現した政策に言及。「実現できたのは都政を安定させ、他会派と合意形成できる公明党がいたからこそだ。まさに公明党は都議会の扇の要の存在だ」と述べた。 加藤都議については、コロナ重症者の病床確保を目的とした転院調整への財政支援を実現したと

続きを読む→