超党派のLGBT議連の事務局長を務める私は、4月13日の議連役員会を終えて、自分のTwitterで「各党責任者出席のもと、LGBT議員連盟の役員会を開きました。理解増進法案、差別解消法案について、また性同一性障害特例法の見直しについて、今後の議論の進め方を確認。次は議連総会を開催していきます。事務局長として、与野党での協議を尽くして合意形成に努めます。」(4月13日付)とツイートしました。 すると、「『性同一性障害特例法の見直し』とは、性別適合手術ナシで戸籍上の性別を変えられるようにするというこ

続きを読む→

【No.264 2021年4月12日】 ≪2050年脱炭素社会実現に向けて 提言の申し入れ≫ 皆さん、こんにちは。谷合正明です。 4月5日に公明党地球温暖化対策推進本部として、総合本部長の山口代表、本部長の石井幹事長と共に、世界最大級の水素製造拠点「福島水素エネルギー研究フィールド」(福島県浪江町)を訪問しました。脱炭素社会実現のカギを握るのが水素です。   翌6日には、2050年脱炭素社会実現に向けた中間提言を菅義偉総理大臣と気候変動担当の小泉進次郎大臣に申し入れました。私は推進本部

続きを読む→

2021年4月6日 1面 公明党の山口那津男代表は5日、脱炭素社会の実現に向け、次世代エネルギーとして活用が期待される水素の普及促進を図るため、太陽光発電を活用した世界最大級となる水素製造装置を備えた製造拠点「福島水素エネルギー研究フィールド」(福島県浪江町)を視察し、現状の取り組みについて担当者から説明を受け、意見を交わした。党地球温暖化対策推進本部長の石井啓一幹事長、副本部長の若松謙維参院議員、事務局長の谷合正明参院幹事長のほか、地元県議らが同行した。 ■「50年脱炭素」実現へ導入拡大を 同

続きを読む→

2021年3月30日 2面 公明党社会的孤立防止対策本部の山本香苗本部長(参院議員)、谷合正明事務局長(参院幹事長)と、斉藤鉄夫副代表は29日、自立・就労支援策の課題を探るため、広島市内で関係者と意見を交わした。日下美香広島県議が同行した。 一行はまず、青少年に食事や居場所を提供する「基町の家」を訪問。運営するNPO法人・食べて語ろう会の中本忠子理事長は「子どもたちに必要なのは孤独や空腹の解消と居場所の確保だが、多くの子には支援情報が届いていない」と述べ、制度の周知など実効性ある対策の推進を求め

続きを読む→

2021年3月27日 2面 2021年度予算が26日に成立したことを受け、公明党の山口那津男代表らは同日夜の参院本会議終了後、国会内の参院公明党控室で菅義偉首相らの表敬を受けた。 菅首相は、山口代表と肘タッチを交わし、予算成立への公明党の協力に対し、「ありがとうございました」と謝意を述べた。 政府から麻生太郎財務相、加藤勝信官房長官ら、公明党から西田実仁参院会長、山本香苗参院副会長、谷合正明参院幹事長、浜田昌良参院政策審議会長、秋野公造参院国会対策委員長らが同席した。

続きを読む→