超党派のLGBT議連の事務局長を務める私は、4月13日の議連役員会を終えて、自分のTwitterで「各党責任者出席のもと、LGBT議員連盟の役員会を開きました。理解増進法案、差別解消法案について、また性同一性障害特例法の見直しについて、今後の議論の進め方を確認。次は議連総会を開催していきます。事務局長として、与野党での協議を尽くして合意形成に努めます。」(4月13日付)とツイートしました。 すると、「『性同一性障害特例法の見直し』とは、性別適合手術ナシで戸籍上の性別を変えられるようにするというこ

続きを読む→

2021年5月01日 2面 公明党の山口那津男代表は30日午後、参院議員会館で、コルクット・ギュンゲン次期駐日トルコ大使の表敬を受け、懇談した。山本香苗参院副会長、谷合正明国際委員長(参院幹事長)が同席した。 山口代表は、ギュンゲン氏の訪問を歓迎し、「日本とトルコは長い間、友好関係にあり、党としても2019年に訪問するなど交流を重ねてきた。これからも親密な関係を続けていきたい」と強調。ギュンゲン氏は、経済や防災対策など幅広い分野で「関係発展に努力したい」と語った。 会談で両氏は、コロナ禍の早期収

続きを読む→

2021年4月28日 2面  公明党の谷合正明参院幹事長は27日、参院議員会館で開催された性的指向・性自認(SOGI)に基づく差別の解消をめざす団体の集会「第5回レインボー国会」に出席し、あいさつした。 この中で谷合氏は、自身が事務局長を務める超党派の議員連盟で、性的少数者(LGBT)への差別の解消に向けた法整備について長く議論していると報告した上で、関連法案が「国会で成立するまで粘り強く取り組んでいきたい」と力説した。

続きを読む→

2021年4月24日 2面 公明党の山口那津男代表は23日、参院議員会館で、日本と中南米諸国との交流の促進をめざす「日本ラテンアメリカカリブ振興協会」(JAPOLAC)のリッテル・ディアス代表理事(元駐日パナマ大使)らと懇談した。谷合正明国際委員長(参院幹事長)が同席した。 ディアス代表理事は、教育分野で日本との関係を強化するため、大学間での交流事業を展開する重要性を強調。また、公明党の強い訴えにより、1992年に実現した白内障手術の保険適用を例に挙げ、日本の保険医療システムが充実しているとして

続きを読む→

○谷合正明君 公明党の谷合です。  政府の孤独・孤立対策における法務省の取組について伺います。  単に既存の政策の延長ではなく、またコロナ以前に戻すだけでなく、SDGsが達成された社会を目指し、より多様性と包摂性のある社会を構築していくべきであると考えております。  公明党におきましても、社会的孤立防止対策本部を先般設置をいたしまして、実は法務委員長の山本香苗議員が党の本部長でやっておるんですけれども、私は事務局長で支えておりますが、何回かヒアリングを重ねておりまして、先日は矯正施設退所者地域支

続きを読む→