【No.240 2019年8月1日】 《 本日より臨時国会が開会 -参議院公明党は過去最多議席に 》 皆さん、こんにちは。谷合正明です。 先の参議院選挙では党員・支持者の皆様の絶大なるお力を賜り、公明党は目標を上回る選挙区7議席、比例区7議席の計14議席を獲得させていただきました。 激戦の兵庫選挙区は逆転勝利、比例区山本ひろし議員は個人票党内2位得票、さらに即戦力の新人議員も4人当選をさせていただきました。改めて、心より御礼申し上げます。 参議院公明党は、非改選組と合わせると合計28議席となり、

続きを読む→

【No.239 2019年6月25日】 《 年金制度の安定性は揺らがない 》 皆さん、こんにちは。谷合正明です。 国会は最終版を迎えていますが、いわゆる「老後2000万円問題」の議論について3点指摘したいと思います。 1点目は、金融庁のワーキングチーム報告書の表現ぶりです。老後の生活設計は貯蓄や退職金、就労などによって多様なものです。誰もが2000万円を自前で準備しなければならないと受け止められるような表現は、不安と誤解を助長するものでした。ただ、一度公表したものであり政府はしっかり説明を尽くす

続きを読む→

本日2019年6月13日、公明党外交部会・SDGs推進委員会合同で「SDGs(持続可能な開発目標)達成への政策提言」を官房長官に提出致しました。以下、その提言内容を掲載します。   SDGs(持続可能な開発目標)達成への政策提言 公明党外交部会長 遠山清彦 SDGs推進委員会座長 谷合正明   SDGs(持続可能な開発目標)は、貧困、保健、女性、防災等の地球規模課題を含む広範な社会・経済・環境問題の解決を目指す国際社会の共通目標であり、国内の社会的課題の解決を図る上でも重要な

続きを読む→

本日2019年6月13日、公明党性的指向と性自認に関するプロジェクトチームとして「性的指向と性自認に関する政策推進」を官房長官に申し入れました。以下その要望内容を掲載します。   性的指向と性自認に関する政策推進の申し入れ 公明党性的指向と性自認に関するPT 座長 谷合正明 事務局長 岡本三成   今日、同性愛者や性同一性障害者など性的マイノリティーの抱える課題の解決は、誰一人取り残さない共生社会、多様性を認める社会を築いていく上で、大変重要な課題である。 自公連立政権では性

続きを読む→

【No.238 2019年5月6日】 《 アンゴラと高橋みつおさん 》 皆さん、こんにちは。谷合正明です。 久しぶりの投稿となります。GW10連休は如何お過ごしでしたか?期間中に、フェイスブックにアップした記事が好評でしたので、以下、メルマガでも配信します。 「アンゴラと高橋みつおさん」 外務大臣が令和最初の外交先としてアフリカのアンゴラを訪問した。アンゴラと言ってもピンとくる日本人は少ない。しかし、私にとっては特別な国。なぜなら初めての長期赴任国であり、21世紀の瞬間も同国で迎えたからだ。20

続きを読む→