公明党スマトラ島沖大規模地震・津波被害対策本部(本部長=太田昭宏幹事長代行)の赤羽一嘉事務局長(衆院議員)と谷合正明事務局次長(参院議員)は12日、タイのプーケット日本人会の宮下和司会長とともに国土交通 省を訪れ、北側一雄国土交通相(公明党)に対し、プーケットへの日本人観光客増加のための支援を要請した。  プーケットは、昨年(2004年)12月のインド洋大津波で甚大な被害を受けたが、被災地の復旧は完了し、ヨーロッパなどからの観光客数は被災前の状態に戻りつつある。一方、日本は昨年(2004年)1

続きを読む→

 初当選からちょうど1年が経過した7月11日、谷合正明議員はJR岡山駅前で街頭遊説を行い、1年間の議員活動を報告しました。遊説には、景山貢明県代表(県議)、増川英一県議、藤井義人岡山市議も参加しました。  谷合議員は公明党青年局の取り組みとして、携帯電話のポータビリティー制度の実現や若者就業支援センターの設立などの実績を報告するとともに、先に発表された骨太方針に「国の政策」として子育て支援の強化を明記したことなどを紹介しました。また、郵政民営化法案の参議院での審議については「国民にわかりやすい審

続きを読む→

 郵政民営化法案が衆議院で可決されました。ご承知のとおり、5票差という僅差でありました。私もここまでギリギリになるとは思っていませんでした。郵政改革の中身よりも小泉首相の手法に異議を唱える流れが最後に加速した感があります。今回の件は、政局だけ見れば、メディア的には「面 白い展開」かも知れませんが、国内経済や外交課題を考えると、やはり政治の安定が必要だと思います。  さて、先日、東京都写真美術館で開催されている「世界報道写 真展2005」を鑑賞しました。私は、高校生の頃から、この写真展を見てきまし

続きを読む→

7月6日、谷合正明議員は都内のNPO法人AMDA国際医療情報センターを訪問しました。同センターは、1991年の設立以来、在日外国人を対象に無料で医療電話相談事業を行っており、英語・中国語をはじめ7カ国語で月300件以上の相談を受けています。また、東京都保健医療センターの委託を受け、外国語によるサービス事業を行っています。  同センターの小林勝事務局長は、在日外国人に対する国民健康保険のあり方や、NPO法人の財政問題などの課題を指摘しました。谷合議員は「外国人受入れ政策の見直しなど、在日外国人の方

続きを読む→

日韓シャトル首脳会談岡山誘致期成会であいさつ  谷合正明議員は7月2日、日韓シャトル首脳会談岡山誘致期成会の第3回総会に参加し、「日韓首脳会談の岡山県での開催のために努力したい」とあいさつしました

続きを読む→