2019年12月24日 1面 【ヤンゴン23日=光延康治】ミャンマー訪問中の公明党の山口那津男代表は23日午後3時(日本時間同5時30分)から30分間、ヤンゴン市内で、アウン・サン・スー・チー国家最高顧問兼外相と会談し、ミャンマーの安定と発展に向け、党として支援を行っていく考えを表明した。党訪問団の谷合正明国際委員長(参院幹事長)、浮島智子衆院議員、魚住裕一郎前参院議員(日本ミャンマー協会理事)が同席した。会談はスー・チー国家顧問がかつて軍事政権時代に軟禁された自宅で行われた。 席上、山口代表は

続きを読む→

2019年12月24日 1面 【マンダレー22日=光延康治】公明党の山口那津男代表は22日夕、ミャンマー・マンダレーで、国際協力機構(JICA)による無償資金協力で支援している上水道整備計画の現状を視察した。党訪問団の谷合正明国際委員長(参院幹事長)、浮島智子衆院議員、魚住裕一郎前参院議員が同行した。 同事業はマンダレー南部のピジータゴン地区において、既存の上水道施設に塩素消毒施設を新しく導入し、安全な水道水の供給を図るもので、現地の人々から大変喜ばれている。 山口代表らは、配水ポンプ施設の運用

続きを読む→

2019年12月24日 1面 【ヤンゴン23日=光延康治】公明党の山口那津男代表は23日午前、ミャンマー・ヤンゴンで、国際協力機構(JICA)が支援する初等教育の教科書改訂事業を視察した。 党訪問団の谷合正明国際委員長(参院幹事長)、浮島智子衆院議員、魚住裕一郎前参院議員が同行した。 JICAミャンマー事務所の唐澤雅幸所長らは、新しい教科書の導入により、算数のテストの点数が上がったほか、子どもたちの学習意欲も高まっていると強調。「保護者などからも喜ばれており、日本の支援の意義は大きい」と話した。

続きを読む→

2019年12月24日 2面 【ヤンゴン23日=光延康治】公明党の山口那津男代表は23日午前(日本時間同日午前)、ミャンマー・ヤンゴンにある「ヤンゴン日本人墓地」を訪れ、ビルマ平和記念碑に献花し、戦没者を追悼するとともに、恒久平和を固く誓った。党訪問団の谷合正明国際委員長(参院幹事長)、浮島智子衆院議員、魚住裕一郎前参院議員が同行した。 太平洋戦争中のビルマ戦線では、参加した旧日本兵約30万人のうち、約18万5000人が戦死した。現在も少数民族地域を中心に、ミャンマー全土で約4万5000柱の遺骨

続きを読む→

2019年12月23日 1面 【マンダレー22日=光延康治】公明党の山口那津男代表は22日昼、ミャンマー・マンダレーで、国立マンダレー外国語大学の学生らと和やかに懇談した。党訪問団の谷合正明国際委員長(参院幹事長)、浮島智子衆院議員、魚住裕一郎前参院議員が同席した。 ミャンマーでは、公的な学校教育として日本語教育が行われているのは、同大学とヤンゴン外国語大学の2校のみ。日本語学科は英語学科と並んで人気が高いという。 山口代表は、日本に留学経験のある学生の進路などを聞きながら、「これからも頑張って

続きを読む→