2021年7月26日 7面 公明党の谷合正明参院幹事長は17日、今月上旬の大雨で被災した島根県雲南市を訪れ、復旧・復興への課題を探った。遠藤力一、吉野和彦の両県議と、中村辰真市議が同行した。 雲南市では、住宅7棟が全半壊、104棟が床上・床下浸水に見舞われたほか、道路冠水や寸断、土砂崩れなどが相次いだ。 一行は、特に甚大な被害に遭った同市の三刀屋町、吉田町深野、木次町などを訪問。三刀屋町で約30年間、建具製作所を経営している矢島健二さんは「これほどの雨は初めてだ。工場が床上40センチ漬かり、12

続きを読む→

2021年7月23日 1面 赤羽一嘉国土交通相(公明党)は22日、今月6日からの記録的大雨で、土砂崩れや浸水被害が相次いだ島根県松江、出雲、雲南の3市で被災現場を視察した。公明党の谷合正明参院幹事長、平林晃組織局次長、遠藤力一、吉野和彦の両県議、地元市議らが同行した。 赤羽国交相は、三刀屋川と三谷川の合流点が氾濫し床上・床下浸水が70棟を超えた雲南市三刀屋町や、国道314号・市道深野2号支線が陥没した同市吉田町、平田船川の氾濫で浸水が広がった出雲市西郷町で被災状況を確認。また、今回、浸水被害を抑

続きを読む→

2021年7月23日 3面 急な病気やけがで、救急車を呼ぶべきかどうかの判断に迷った時、無料で電話相談に応じる行政サービスとして「救急安心センター事業(#7119)」がある。既に17地域で実施されているが、公明党は全国への展開を訴えている。救急医療に詳しい、帝京大学医学部付属病院長の坂本哲也・同大教授のコメントと共に紹介する。 全国で最も早く#7119を導入したのは東京都。2007年から始めた。軽症者の救急車利用が拡大し、重症者の搬送が遅れる事態を改善するのが狙いだった。開設後、都の救急車の軽症

続きを読む→

2021年7月22日 1面 公明党は21日午前、東京都新宿区の党本部正面玄関前で山口那津男代表、石井啓一幹事長らを中心に、「第49回衆議院選挙対策本部」の看板掛けを行い、今秋までに実施される次期衆院選の必勝を期して「結束も固く前進しよう!」と誓い合った。 その後、党本部で開かれた中央幹事会で山口代表は、衆院議員の任期満了(10月21日)まで3カ月となったことを踏まえ、「選挙に臨む側として(自民、公明両党の)選挙協力も現場で進めながら、選挙への備えをしっかりと進めてまいりたい。私自身が先頭に立ち、

続きを読む→

2021年7月16日 1面 公明党の斉藤てつお副代表は15日、文部科学省に萩生田光一文科相を訪ね、広島市の原爆ドームを国の特別史跡に指定するよう求める党広島県本部(代表=田川寿一県議)の要望書を手渡した。萩生田文科相は「特別史跡にふさわしいと思う」と応じ、前向きに取り組む考えを示した。公明党の谷合正明参院幹事長、田中勝・広島市議、平林晃組織局次長が同席した。 要望書では、国の史跡に指定されている原爆ドームについて「歴史の正しい理解のために欠かせず、かつ学術上、価値の高い遺跡である」と指摘し、「特

続きを読む→