2020年9月11日 2面 ■流域治水 早期実施を 【国土交通部会】岡本三成部会長(衆院議員)らは、国交省で赤羽一嘉国交相(公明党)に対し、水害対策として、全国各地の1級水系で年度内に策定する「流域治水プロジェクト」の早期実施などを要請した=写真①。 災害への対応力強化に向け、今年度で終わる「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」の中長期的な継続・拡充を要請。併せて「地方自治体に対する財政支援や技術的な支援を」と訴えた。 また、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける公共交通や物流を支える

続きを読む→

2020年9月11日 2面 公明党の法務部会(部会長=浜地雅一衆院議員)と難民政策プロジェクトチーム(座長=谷合正明参院幹事長)は9日、参院議員会館で合同会議を開き、東洋英和女学院大学の滝澤三郎名誉教授と日本大学危機管理学部の髙宅茂教授から、世界と日本の難民問題について意見を聞いた【写真】。 滝澤氏は、日本で難民申請者が急増しているものの受け入れ数が少ない要因などを説明し、「政治と人道のバランスを取って国際的責任の分担を」と訴えた。

続きを読む→

2020年9月5日 2面 農林水産省は3日、肉用牛の標準的な販売価格が生産費を下回った場合、その差額の9割を国費と生産者の積立金で補てんする「肉用牛肥育経営安定交付金制度(牛マルキン)」について、生産者負担金の納付を10月以降も免除することを関係団体に通知した。 納付は、新型コロナウイルス禍の資金繰り対策として、今年4~9月末まで免除されている。農水省は、同日開かれた公明党の農水部会(部会長=谷合正明参院幹事長)で、「枝肉価格が現時点で十分かつ安定的に回復しているとは言い難いため(免除を)延長し

続きを読む→

2020年9月5日 6面 「岡山県 令和2年7月豪雨災害被災者救援の会」(神山洋一代表)はこのほど、岡山市内の日本赤十字社岡山県支部を訪れ、義援金23万9800円を上原毅事務局長に寄託した【写真】。 同会は7月中旬から下旬にかけて、県内各地で街頭募金を実施。公明党岡山県本部(代表=谷合正明参院議員)の議員らが協力した。

続きを読む→

2020年9月4日 2面 公明党の山口那津男代表は3日、参院議員会館で、新任のイリディオ・シメネス・ダ・コスタ駐日東ティモール大使の表敬を受け、懇談した。谷合正明国際委員長(参院幹事長)、杉久武参院議員が同席した。 イリディオ大使は、空港や港湾などのインフラ整備、人材育成をはじめとするこれまでの日本の支援に謝意を表明。東ティモールの課題として、海産資源が豊かな島国であるものの「漁業の技術や知識がない」と強調し、水産分野での日本のサポートを求めた。 また、労働市場では、溶接などの専門技術を持った人

続きを読む→