2022年8月4日 2面 公明党の山口那津男代表は3日午後、東京都新宿区の党本部で、韓国の超党派国会議員でつくる韓日議員連盟の尹昊重幹事長らの表敬を受け、両国関係のさらなる改善に向けて意見を交わした。 山口代表は、新体制となった韓日議連の出発を歓迎した上で「韓国と日本の議員の新しい交流の時代が始まろうとしている。この機運を大切にしたい」と力説。「両国間で解決しなければならない課題や協力し合わなければならないテーマもある。政府同士だけでなく、両国国民と政府をつなぐ議員の役割は大きい。日韓関係を前へ

続きを読む→

2022年8月3日 2面 公明党の谷合正明参院幹事長は1日、岡山県高梁市の株式会社三宅ファーム(三宅穣次社長)を訪れ、飼料価格の高騰を受け実態を調査した。これには川上博司市議が同行した。 三宅ファームは県内で唯一、酪農と和牛の繁殖・肥育を一体で経営する牧場。主に和牛肥育に使うトウモロコシなどを混ぜた配合飼料について、三宅社長は「輸入価格の高騰時に補塡金が支給される国の制度はありがたいが、上昇分を補塡するもので価格が高止まりすると厳しい」と説明。さらに、「深刻なのは乳牛が主に食べる牧草などの粗飼料

続きを読む→

2022年7月30日 2面 公明党の山口那津男代表は29日、衆院第1議員会館で、クレーメンス・フォン=ゲッツェ駐日ドイツ大使の表敬を受け、懇談した。谷合正明国際委員長(参院幹事長)らが同席した。 山口代表は、エネルギー問題やウクライナ危機への対処などの課題解決に向け、「日本とドイツの関係の幅を一層広げ、深さが増していく関係を築きたい」と強調した。 フォン=ゲッツェ大使は、日独両国の交流関係が160年を超えたことや、民主主義など同様の価値観を持っていることを踏まえ、「日本は何があっても信頼できる国

続きを読む→

2022年7月29日 2面 公明党広島県本部の田川寿一代表(県議)と田中勝広島市議は28日、首相官邸で寺田稔首相補佐官と会い、「核兵器のない世界」の実現に向けた岸田文雄首相宛ての緊急要望を行った。谷合正明参院幹事長、平林晃衆院議員が同席した。 田川県代表は「唯一の戦争被爆国である日本が核兵器廃絶への機運を高めるための具体的な道筋を示す必要がある」と訴えた。その上で、核軍縮・核不拡散の合意形成へ日本がリーダーシップを発揮するよう要望した。来年5月に広島で開催される先進7カ国首脳会議(G7サミット)

続きを読む→

2022年7月28日 1面 被爆77年の8月6日を前に、公明党広島県本部のHIROSHIMA平和創出委員会(委員長=田中勝広島市議)は26日、広島市で「平和創出行動」を実施した。 谷合正明参院幹事長、平木大作核廃絶推進委員会事務局長、三浦信祐青年局長(いずれも参院議員)ら多数の国会議員、同県本部の議員が出席した。 市内で対面とオンラインを併用して開かれた大会には、矢倉克夫青年委員長(参院議員)や長崎、沖縄両県本部の議員らがオンラインで参加した。 あいさつした平木氏は、来年5月に広島で開催される先

続きを読む→