【No.16 2010年4月7日】 ハイチと島根 - サン・イン・ハート 皆さん、こんにちは。谷合正明です。 昨日、ハイチからお客様を迎えました。意見交換の中で、2日前の朝日新聞1面の記事が話題に。日本からハイチに派遣された国際緊急援助隊の医療チームが、全身麻酔薬を麻薬取締法によって持ち出せなかったのです。 実は、この問題をはじめに指摘したのが、同医療チームの畑先生(当時、島根大学医学部)。私は畑先生から話を伺い、全国放映された予算委員会で外務大臣に見直しを迫ったのです。 尚、人命救助の技術レベ

続きを読む→

【No.15 2010年4月1日】 ご当地キャラの誕生 皆さん、こんにちは。谷合正明です。いよいよ新年度です。私も気分一新頑張ってまいります。 昨日の党首討論の山口代表は非常に迫力がありましたね。政治家は声が命。私もそばで見ていて、非常にうれしく思いました。鳩山総理の冗長な答弁を遮ったあたりでは、よしっ!と思わず声をあげました。 さて、本日4月1日より谷あい正明のホームページがリニューアルされました。動画であるユーチューブの「谷あいチャンネル」も新たに追加されました。 今日はホームページにすでに

続きを読む→

【No.14 2010年3月30日】 鳩山政権がダメな理由(2) 現在、鳩山政権は機能低下の一途です。郵政、普天間基地移設の迷走、国家公安委員長のスキャンダル。自公政権の時であれば、完全にアウトです。 国民的議論もないままに、郵政や高速道路行政は、民から官へと逆行しています。しかも民主党マニフェストとは180度違う方向に。族議員とも言える大臣や幹事長が利益誘導型の政治に変質させ、リーダーシップのない総理や官房長官はそれを見ているだけ。 これでは国民も愛想を尽かします。ハッキリ言いますが、早く退陣

続きを読む→

【No.13 2010年3月30日】 鳩山政権がダメな理由(1) 皆さん、こんにちは。谷合正明です。 先週のメルマガ(「すり寄り批判について」)に対して、たくさんのご意見やご要望を承りました。心より御礼申し上げます。政策判断をするうえで、今後大いに参考にさせていただきたいと思います。 さて、最近、一人で街頭演説をしていると、道行く人の反応が少しずつ変化しているように感じます。つまり現在の政権運営に厳しい目が向けられているということです。潮目が大きく変化していることを実感しています。 そうした中、

続きを読む→

【No.12 2010年3月24日】 すり寄り批判について こんにちは、谷合正明です。 メルマガの発行部数が2500部を超えました。皆様、本当にありがとうございます!これまで多くの声も頂戴しています。今後のメルマガ配信の参考にさせていただきたいと思いますので、遠慮なくご意見・ご要望を寄せて頂きますよう、よろしくお願いいたします。 さて、最近のマスコミ報道により、公明党は民主党にすり寄ったのかという批判をよくいただきます。例えば、子ども手当の法案を巡る公明党の対応です。今回、賛成した理由と擦り寄り

続きを読む→