2021年11月11日 2面 参院公明党は10日、国会内で議員総会を開いて役員を互選し、新任の国会対策委員長に山本博司氏を選出した。参院公明党の各役員は次の通り。 ◇ ▽会長=西田実仁 ▽副会長=山本香苗 ▽幹事長=谷合正明 ▽国会対策委員長=山本博司(新) ▽国会対策筆頭副委員長=河野義博(新) ▽国会対策副委員長=杉久武、塩田博昭(新)、高橋光男、安江伸夫 ▽政策審議会長=浜田昌良

続きを読む→

2021年11月11日 2面 10日の衆参両院本会議で首相に指名された岸田文雄首相は同日午後、衆参両院の公明党控室をそれぞれ訪れ、山口那津男代表、石井啓一幹事長らに就任のあいさつを述べた。 参院では、山口代表が「おめでとうございます」と祝意を伝えたのに対し、岸田首相は「公明党のお力添えに心から感謝を申し上げます。これからも丁寧に取り組みを進めてまいります」と表明。衆院でも、石井幹事長らが岸田首相を迎え、今後の協力を誓い合った。 北側一雄、古屋範子の両副代表、竹内譲政務調査会長、佐藤茂樹国会対策委

続きを読む→

2021年11月6日 2面 公明党難民政策プロジェクトチーム(座長=谷合正明参院幹事長)は5日、参院議員会館で、依然として混乱が続くアフガニスタン情勢を受け、日本への退避を求めるアフガン人の受け入れを巡り、支援団体や関係省庁と意見交換した。 千葉大学社会科学研究院の小川玲子教授は、退避に必要なビザの発給について「基準が不明瞭で、通常よりも厳しい要件が求められている」と指摘。家族を残して退避せざるを得なかったアフガン人も多く、「女性や子どもが取り残されれば生計を維持できなくなり、さらに脆弱性を高め

続きを読む→

2021年10月30日 2面 公明党の山口那津男代表は29日、都内各地で行われた街頭演説会に駆け付け、「皆さまの力が頼りだ。あと一歩の押し上げで、何としても比例区公明党を勝たせてほしい」と声を限りに訴えた。 山口代表は、今回の衆院選の意義について「コロナを乗り越え、日本再生の道をどう広げるか。対話と交流で再び安定した国際社会をどうつくり出すか。これをどの政権に託すかが問われる」と指摘。その上で「責任を持って約束した政策を実行できる公明党がいる連立政権が必要だ」と強調した。 日本再生に向けては、新

続きを読む→