2022年7月8日 6面 国土交通省が昨秋導入した「タクシー相乗りサービス」制度。従来の“乗り合いタクシー”は、路線バスと同様の扱いで、定時運行で停留所と降車場を結ぶものだったが、今回の“相乗り”では登録・予約制などで不特定、複数の利用者に「ドア・ツー・ドア」のサービスを提供できる。 新制度の導入を受け、岡山県倉敷市の倉敷タクシー株式会社(岩井央社長)は5月、高齢者の通院を支える相乗りサービスを開始。地域交通の充実へ相談を受けてきた公明党の生水耕二市議は、このほど同社を訪ね、岩井社長らと懇談した

続きを読む→

2022年7月6日 1面 政府は5日、孤独・孤立に関わる悩みを24時間受け付ける相談ダイヤル「#9999」の試行を、7日午前10時から開始すると発表した。 生活困窮に陥ったり、自殺を考えるほど追い込まれたりしている人などに対応し、適切な支援につなげる。通話料は無料で、つながらない場合は「0120―494949」でも受け付ける。期間は14日午前10時まで。 NPO法人などが参画する官民連携の枠組みで実施する。電話をかけると、音声ガイダンスが流れ、内容に適した団体が相談を受ける。ケースによっては、地

続きを読む→

2022年7月6日 2面 公明党の竹内譲政務調査会長は4日、京都府北部の各地で、参院選比例区の熊野せいし候補(現)が開いた街頭演説会に出席し、公明党の比例区「800万票、7議席」獲得へ支援を訴えた。 竹内政調会長は、「医師・医学博士として、コロナや健康対策に大きな実績を残した。豊かな社会づくりの先頭に立つのが熊野候補」と力説した。 熊野候補は、がん粒子線治療の保険適用拡大などの実績を述べるとともに、「感染症に強い国づくりへ、着実に施策を実現する」と訴えた。 また、竹内政調会長は5日、岡山県総社市

続きを読む→

2022年6月24日 2面  公明党の竹内譲政務調査会長は23日、参院選比例区の谷あい正明候補(現)と共に、広島市安佐北区などで街頭演説し、「今、日本に必要なのは持続的な賃金上昇だ。政策を総動員して断固実現したい」と訴えた。 竹内政調会長は「谷あい候補は世界の難民キャンプで人道支援に働いてきた唯一の国会議員だ。ウクライナ避難民支援のため、平和外交を進めるため、谷あい候補の力が絶対に必要だ」と絶大な支援を呼び掛けた。 谷あい候補は「西日本豪雨の被災地で、誰よりも復旧・復興、そして防災・減災に向け汗

続きを読む→

2022年6月23日 2面 ■選挙区 【埼玉選挙区=定数4】西田まこと候補(現)は、消費税の軽減税率導入などの実績を強調し、「政治の力で行政を変え、国民の命と暮らしを守り抜く」と力説した。 【東京選挙区=定数6】竹谷とし子候補(現)は、財政のムダ削減などの実績を語り、「誰もが自分らしく生きられる、支え合う温かな社会をつくる」と強調した。 【神奈川選挙区=定数4】三浦のぶひろ候補(現)は「厳しい安全保障環境だからこそ、現実的で着実な防衛力の整備を行い、国民の不安を取り除く」と訴えた。 【愛知選挙区

続きを読む→