2021年9月30日 2面 公明党の谷合正明国際委員長(参院幹事長)は29日、オンラインで行われたJ-FUN(日本UNHCR・NGO評議会)主催の勉強会に出席し、アフガニスタンへの人道支援政策について意見を述べた。 谷合氏は「日本は『アフガン国民を見捨てない』というメッセージを強く発信すべきだ」と強調し、アフガン人に対する人道的措置などを訴えた。また、同国からの避難者受け入れに備え、政府や民間団体、学術界などの協議の場が必要との考えを示した。

続きを読む→

2021年9月22日 2面 公明党の山口那津男代表は21日、衆院第1議員会館で、オーストラリアのヘギョン・ユ臨時代理大使から、米英豪3カ国による、インド太平洋地域の平和と安定維持に向けた安全保障の新たな枠組み「AUKUS」に関して説明を受け、意見を交わした。谷合正明国際委員長(参院幹事長)が同席した。 ユ氏は、枠組み創設の意義に言及し「インド太平洋地域における米英の関与を、より深くするための枠組みであり、日本と、より緊密な安全保障協力が可能になる道を開く」と強調した。 山口代表は、「自由で開かれ

続きを読む→

2021年9月17日 2面 参院各会派で構成する改革協議会(座長=世耕弘成自民党参院幹事長)は16日、国会内で参院のあり方について識者の意見を聴取し、協議を行った。公明党から谷合正明参院幹事長が出席。初めて対面とオンラインを併用して開かれた。 一橋大学の中北浩爾教授は、参院選挙制度改革の方向性について、現行制度の維持・強化が望ましいのではないかとの見解を表明。その上で多様な民意を反映するための比例代表制に関して一層の工夫が必要だと指摘した。 谷合氏は、参院改革の一環としてオンライン審議の意義を強

続きを読む→

2021年9月15日 7面 かつて、全国各地に普及した琉球畳の原材料である「七島藺」は現在、国内では大分県国東市のみで生産されている。一般の畳に使われるイ草と比べ、耐久性や耐火性に優れているが、生産の機械化が難しく、産地は衰退の一途をたどってきた。それでも七島藺を作り続け、伝統産業を守る生産者らを追った。 「シャッ、シャッ」。8月末の夕暮れ、静かな田園風景が広がる国東市内の田んぼでは、七島藺の刈り取り作業が黙々と行われていた。 密集して生えるため収穫は手刈り。暑さで変色してしまわないよう、早朝か

続きを読む→

2021年9月9日 2面 公明党の山口那津男代表は8日、参院議員会館で、新任のアレクサンドラ・コバチュ駐日セルビア共和国大使の表敬を受け、懇談した。谷合正明国際委員長(参院幹事長)、矢倉克夫参院議員が同席した。 コバチュ大使は「セルビアは、特にIT分野で魅力的な投資環境が整っており、日本企業からの投資も進んでいる。今後も、高い技術を持った日本企業の進出を期待している」と語った。 またコバチュ大使は、2022年に両国の友好開始から140周年を迎えることに言及。これに対し山口代表は「コロナ禍を早く乗

続きを読む→