2019年10月24日 1面 公明党の山口那津男代表は23日夕、都内でパレスチナ自治政府のアッバス大統領(パレスチナ解放機構=PLO=執行委員会議長)と和やかに会談した。谷合正明国際委員長、石川博崇参院国会対策委員長、岡本三成国際局長(衆院議員)が同席した。 席上、アッバス大統領は、天皇陛下の即位の礼に参列したことを「大変に光栄でうれしく思う」と語るとともに、台風19号による甚大な被害に対しお見舞いの言葉を述べた。 山口代表は、アッバス大統領の来日を歓迎した上で、イスラエルとパレスチナの中東和平

続きを読む→

2019年10月23日 1面 公明党の山口那津男代表は22日午後、都内で、アフガニスタンのアシュラフ・ガニ大統領と会談し、文化やスポーツなどを通じて両国の交流を深めていくことで一致した。谷合正明国際委員長(参院議員)、浮島智子政務調査会副会長(衆院議員)が同席した。 冒頭、ガニ大統領は「即位礼正殿の儀」を無事終えたことへの祝意とともに、参列に謝意を表明。台風19号による被害に対し、お見舞いを述べた。 日本との関係については「仏教を通じた長い交流があり、日本からのさまざまな支援に感謝したい」と語り

続きを読む→

2019年10月20日 2面 公明党農林水産部会の谷合正明部会長(参院議員)は19日、長野市内で台風19号によるリンゴなどの農業被害を調査した。党長野県本部の太田昌孝代表(衆院議員)らが同行した。 一行は、JA長野中央会(雨宮勇会長)の案内で、千曲川の堤防決壊で濁流にのみ込まれたリンゴ畑や収穫した農産物を出荷するための共同利用施設を視察。雨宮会長は「最盛期を前にして壊滅的な状態」との窮状を訴え、支援を求めた。 谷合氏は「農家の営農意欲が失われないよう、スピード感を持って必要な支援に取り組みたい」

続きを読む→

2019年10月12日 2面 公明党の山口那津男代表は11日、東京都新宿区の公明会館で、ロシアのミハイル・ガルージン駐日大使と会談し、日ロ関係の一層の発展に向け、地域間交流の拡大に協力することで一致した。これには、佐藤英道衆院議員、谷合正明国際委員長が同席した。 席上、ガルージン大使は、両国関係の現状について、安全保障に関する外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)の定期開催や、貿易額の拡大などを挙げ、「あらゆる面で好ましい前進を見せている」との認識を表明した。 その上で、2020年から21年が両国

続きを読む→

2019年10月11日 2面 公明党SDGs(持続可能な開発目標)推進委員会(座長=谷合正明参院議員)は10日、参院議員会館でGSG国内諮問委員会の鵜尾雅隆副委員長らからSDGs達成に向けた投資のあり方について見解を聞いた。 鵜尾氏らは、環境問題など社会的課題の解決を進めながら経済的利益を追求する投資の重要性を強調。その上で、「投資が利益につながっていくことが分かるデータ分析が必要だ」と述べた。

続きを読む→